スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

横浜 関内 博多もつ鍋 せい吾



週末に、スタミナを付けようとどこか良い所はないかなと思っていたところ
以前行った博多もつ鍋・せい吾を思い出し、久しぶりに行ってきた。

3月にオープンして以来大盛況振りとは聞いていたが、
22時に行ったのにもかかわらずほとんど満席。

さっそく牛刺(熊本直送霜降り)本場博多明太子をつまみで頂いて、
やはり九州と言えば焼酎!
ちょっと値が張るものの奮発して「村尾」のロックを飲んでみる。
ハー!ウマイ!すっきりとした飲み口がたまらない!




おまけで、牛肉の中で500gしか取れないという肉のお寿司まで頂いて、
どれも焼酎に合うものばかり。。


また、せい吾のオーナに九州の知る人ぞ知る焼酎は?とたずねた所、「明るい農村」というものが地元の人では有名と聞き、先ほどの「村尾」とのみ比べた所、すっきりさはないがほとんど変わらない飲み口。こんな焼酎があったんだと改めて思った。

メインはもつ鍋の醤油をオーダー。醤油味は元祖のもつ醤油を和風出汁と鳥出汁でわった味で本場の博多の味とのこと。
にんにくスライスと、キャベツと、もつとが味を引き立たせて最高に美味しかった!

九州直送の焼酎50種類以上もあるので、新たな焼酎を教えてもらいにまた次回行こうと思う。。


横浜 関内 博多もつ鍋 せい吾

ブログランキングに登録しております。クリックをお願いいたします!

スポンサーサイト
22:54 | 横浜スポット | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
灰皿ならぬ肺皿 これで禁煙できるかも・・ | top | パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://takahan.blog28.fc2.com/tb.php/129-5a51adea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。